LSDN へようこそ !

このサイトについて...

このサイトは,情報システム研究室(英名:LAIS,2006年3月まで) および生産支援システム研究近中四サブチーム(英名:DSS,2006年4月より),農業情報統合利用プロジェクトチーム(2011年4月より),高度情報化システムユニット(2016年4月より)で開発された,または開発中の各種ソフトウェア (Software)に関連するさまざまな開発者向け支援情報・サービスを提供(Developer Network)しています。

提供形態としては,XML Web サービスやREST (REpresentational State Transfer) によるものが中心となっています。いわゆるSaaSのプロトタイプ実験サイトです

特に断りのない限り,いずれのサービスも,現状あるがままの情報提供・公開です。また,ここで公開している情報・サービスを利用した結果およびその影響について当サイトは何ら保証するものではありません。利用される場合は,利用者責任においての利用とな ることを予めご了承ください。

※ 2015年4月よりクラウドサーバ上に移行しました。

 

開発支援情報・サービス

現在,開発者向けに提供している情報・サービスは以下の通りです。

作業計画・管理支援システム(PMS)蓄積データ参照サービス
農業生産工程管理データの標準化を目指して,このサービスではPMSが蓄積しているデータを"FIX-pms形式"で取得・配信するサービスです。
まだ,実装途上のプロトタイプで,認証・ACLなどの機能は実装されていません。また,将来的にはデータ登録(アップロード)もできるようにする予定です。
このサービスは XML Webサービス として実装・テスト公開されています。そのインターフェイスの充実にあわせて,JSONやKVSなどでのデータ配信も今後予定していますが,まずは XML Webサービスでの初版リリースを目指しているところです(現在はまだα版相当)。
当然,SaaSとしてのクラウド運用(とりあえず,Microsoft Azure環境)も次のステップとして想定しています。
------------------------------------------------------------------------------------
このサービスのアクセスポイントです。
このサービスの WSDL です。
このサービスの概要・使い方についてオンラインドキュメントを参照してください。

メッシュ栽培管理ソフト(PFUManager)用
属性データタイプ定義情報共有Webサービス
属性データタイプ定義のネット共有を目指した枠組みです。
XML Webサービスとして提供されているメソッドを利用して,属性データタイプ定義の検索,取得,登録などを統一的に管理することで,属性データタイプ定義の共有化・標準化をねらっています。
2006年10月 属性データタイプ定義の個別データ定義数をこれまでの5個から16個に拡大しました。
2010年11月 属性データタイプ定義の個別データ定義仕様が拡張されました(データ型,欠損値,備考項目追加)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このサービスの アクセスポイント です。
このサービスの WSDL です。
このサービスの詳細については オンラインドキュメント を参照してください。
 
露地野菜適作判定サービス(サービスを終了しました!)
【XML Web サービス】
露地野菜適作判定サイトが内部で使用しているXML Webサービスです。
このサービスの アクセスポイント です。
このサービスの WSDL です。
このサービスの詳細については オンラインドキュメント を参照してください。
【RESTによる WebAPI サービス】
露地野菜適作判定サイトが使用している判定機能のREST呼び出し(WebAPI)サービスです。
このサービスの テストページ です。従来のフォームによるCGI呼び出しで,WebAPIを介して判定機能を利用しています。
このサービスの アクセスポイント です。WebAPI情報が表示されます。
このサービスの詳細については オンラインドキュメント を参照してください。
 
水稲生育予測サービス
水稲生育予測システムが内部で使用しているXML Webサービスです。
このサービスの アクセスポイント です。
このサービスの WSDL です。
このサービスの詳細・ドキュメントは オンラインドキュメント を参照してください。
 
ジオコーディングサービス(緯度・経度<>住所相互変換)
住所(都道府県・市町村名)と緯度・経度を相互変換するサービスです。
このサービスの アクセスポイント です。
このサービスの WSDL です。
このサービスの詳細については オンラインドキュメント を参照してください。
このサービスの作成に当たっては,Finds.jpサイトで公開されているジオコー ディングサービスを利用しています。このサービスの詳細については Finds.jp/Webサービス ページを参照してください。このXML Webサービスは Finds.jp 上のジオコーディングサービスをラッピングして XML Webサービス化して います。
 
シェープ・ワールドファイル作成サービス(未定)
エスリ社のGIS(地理情報システム)で採用されているシェープ形式ファイルとともにラスタファイル(TIFF, BMP, JPEGなど)を使用する際には「ワールドファイル」と呼ばれるテキストファイルが必要となります。ラスタファイル中のジオリファレンス座標と,対応する緯度・経度をパラメータとして,ワールドファイルを作成するサービスを予定しています。
 

以降,随時コンテンツを追加していきます(・_・)(._.)


(C) 2005-10 DSS(LAIS).WeNARC, 2012-13,2015,2017 AGinfo NARO.

2017.01