invokeMesh


以下の操作はサポートされています。正式な定義に関しては、サービスの説明 を参照してください。


この Web サービスは WS-I Basic Profile v1.1 に準拠していません。

次の normative ステートメントの違反を個別に検証してください。推奨事項に従って修正するか、または <webServices> config セクションに設定を追加して vroot 全体に対する BP 1.1 準拠の警告を無効にします。

vroot 全体に対する BP 1.1 の準拠の警告を無効にするには、アプリケーションの構成ファイルにある <conformanceWarnings> セクションから 'BP1.1' という値を削除します。

<configuration>
  <system.web>
    <webServices>
      <conformanceWarnings>
        <remove name='BasicProfile1_1'/>
      </conformanceWarnings>
    </webServices>
  </system.web>
</configuration>


R2304: Profile では、wsdl:portType の操作名のオーバーロードが許可されていません。説明の wsdl:portType には、name 属性の明確な値を持つ操作が必要です。この要件は、所定の wsdl:portType 内にある wsdl:operations のみに適用されます。wsdl:portType には、wsdl:portTypes で見られるのと同じ名前を持つ wsdl:operations がある場合があります。
- 名前空間 'http://tekisaku.jp/meshws/' からの portType 'invokeMeshSoap' 上の操作 'exec' です。
推奨: service の整合性を確保するには、同じバインディングに属するすべての web メソッドに一意の名前が付いていることを確認します。


Basic Profile Version 1.1 の詳細については、Basic Profile の仕様 を参照してください。